【12/8】河井継之助記念館開館13周年 『峠 最後のサムライ』映画化記念講演会

令和元年12月8日(日)、長岡グランドホテル悠久の間にて

河井継之助記念館開館13周年 『峠 最後のサムライ』映画化記念講演会

を開催します。

今回は映画『峠 最後のサムライ』で監督を務めた小泉堯史さんを講師にお迎えする予定となっていますので、この貴重な機会を逃さずにぜひお申込みください。

 

河井継之助記念館開館13周年 『峠 最後のサムライ』映画化記念講演会

◆日  時:令和元年12月8日(日)

午後1時開場、1時30分開演(午後4時5分終了予定)

◆会  場:長岡グランドホテル2階 悠久の間

◆定  員:500名(先着) 入場無料

◆内  容:《第一部》講演「河井継之助と❝峠❞について」

長岡市河井継之助記念館館長 稲川明雄 氏

《第二部》特別対談「峠 最後のサムライ」トークセッション

映画監督 小泉堯史 氏、キネマ旬報社 前野裕一 氏

◆申込みについて

11月11日(月)より受付開始

河井継之助記念館事務局まで電話・FAX・来館にてお申込みください。

(氏名・住所・電話番号をお知らせください)

  申込み締め切り:定員になり次第

◆申込み先:河井継之助記念館事務局

住所:長岡市長町1丁目甲1675-1

電話:0258(30)1525

FAX:0258(30)1526

◆注意事項:受付完了後、整理券を郵送しますので当日会場にお持ちください。

 

 

2019年11月8日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数146,000人達成!

記念館では10月30日に有料来館者数146,000人を達成しました。
146,000人目のお客様は、長野県下諏訪よりお越しの岩村清司様です。

今回は海を見に新潟へ来られた岩村様。
あいにくの雨により予定を変更して長岡へ。
20年ほど前に読んだ『峠』を思い出したため、今回は当館を訪れたとのことです。

館内の展示を通じて、うろ覚えだった『峠』の内容を再認識することができたそうです。
映画が公開される前にぜひ峠を読み直してみてください。

遠方からのご来館、誠にありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

2019年11月3日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数145,000人達成!

記念館では10月2日に有料来館者数145,000人を達成しました。
145,000人目のお客様は、沖縄県中頭郡よりお越しの山内克也様です。

この日、記念館を訪れたのは歴史が好きな職場の先輩に勧められたからとのこと。
館内を見学された後「先輩に峠の公開を教えてあげたい」との感想をいただきました。
公開されたら是非に劇場へ足を運んでみてください。

長岡は初めての山内様。長岡の朝夕の寒暖差にはびっくりしたそうです。
沖縄とは気候も雰囲気も違うので、「今日1日は長岡の町を観て歩きたい」とのことでした。
長岡を楽しんでいただけると幸いです。

遠方からのご来館、誠にありがとうございました。
機会がありましたら次は先輩と一緒にご来館ください。
またのお越しをお待ちしております。

2019年10月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

【10月9日追記】継之助没後152年祭法要・第9回八丁沖ウォークのご案内

10月6日(日)、河井継之助の没後152年祭法要が長岡市の栄凉寺にて執り行われます。

河井継之助没後152年祭法要

定 員:100名(先着順)

日 時:令和元年10月6日(日)

  10:00~

会 場:栄凉寺本堂

法要のながれ

①栄凉寺住職様の読経

②参加者の焼香

③祭主挨拶

④河井継之助記念館長 稲川明雄講演会

⑤市民の集い(会費制)

参加申し込み等、詳細はこちらをご覧ください。

締め切りました(10月5日追記)

 

また、10月12日(土)には第9回八丁沖ウォークを開催します。

落城した長岡城を奪還するために当時魔物が住むと言われていた八丁沖の沼地を決死の覚悟で渡河した長岡藩兵を想いながら、現在はのどかな田園地帯となっている八丁沖を歩きましょう!

第9回八丁沖ウォーク

日 時令和元年10月12日(土)

集 合北越戊辰戦争伝承館に08:30に集合

(河井継之助記念館発着のバスをご利用の方は07:45に河井継之助記念館に集合)

共 催:北越戊辰戦争伝承館

新組コミュニティ推進委員会

定 員150名(先着順)

参加申し込み等、詳細はこちらをご覧ください。

大型台風19号発生のため、第9回八丁沖ウォークは中止になりました(10月9日追記)

 

昨年の法要・八丁沖ウォークの様子はこちら

2019年10月5日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数144,000人達成!

記念館では9月5日に有料来館者144,000人を達成しました。

144,000人目のお客様は、埼玉県鶴ヶ島市よりお越しの新舎規由様です。

今日は「長岡に来たら一番に記念館へ行かなければダメだ!」との思いを胸に、勇んで玄関をくぐったそうです。
館内を見学の後、「河井先生の業績を多くの方に知っていただきたいと思っています」との言葉をいただきました。

映画『峠 最後のサムライ』公開を皮切りに、河井継之助の業績が広く知れ渡ると良いですね。

本日のご来館、誠にありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

2019年9月20日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数143,000人達成!

記念館では13日に早くも有料来館者143,000人を達成しました。

 

当日は台風の影響でとても暑い日となり、ご来館いただくお客様も口々に「暑い!!」「長岡って暑いんだね!」とおっしゃって玄関に入って来られます。

そんな中、143,000人目のお客様は東京都府中市からお越しの石川様親子です。

地理がお好きな娘さんとフリーキップで出かけられ、たまたま長岡に降り立ったそうです。

山本五十六記念館と当記念館をご覧になられたとおっしゃっていました。

娘さんと二人旅なんてうらやましいですね!

是非お二人で記念のお写真を撮っていただきたかったのですが・・・。

また長岡にお立ち寄りの際は是非記念館にお立ち寄りください!

 

当館に来られる方の中には、継之助が遊学中に記した旅日記『塵壺(ちりつぼ)』の足跡をたどって旅行されている方もいらっしゃいます。

是非、機会がありましたら皆さまも挑戦してみてください。

2019年8月20日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数142,000人達成!

毎日厳しい暑さが続いています。皆さん熱中症にならないように気をつけてください。

8月2日・3日、長岡花火の開催日が金・土曜日となったことや、知名度が高まったことで、記念館にも大勢の方々が来られました。

そんななか、3日に有料入館者142,000人を達成しました!
142,000人目の来館者は埼玉よりお越しの江頭様親子。

2日に湯沢に泊まり、3日に長岡花火とのこと。
長岡花火はいかがだったでしょうか?

ご主人様は歴史や城めぐりがお好きということで、このあとに山本五十六記念館や春日山城跡に行かれるとのこと。
「長岡の礎となる先人たちがすばらしいですね。
来年公開予定の『峠 最後のサムライ』も楽しみです」
と目を輝かせながらお話してくださいました。

この度は、ご来館まことにありがとうございました。
また長岡にお立ち寄りの際は、ぜひ当館にお越しください。

2019年8月12日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

有料来館者数141,000人達成!

記念館では7月13日に有料来館者数141,000人目を達成しました。

141,000人目は、熊本よりお越しの田上次徳様。

お城巡りが趣味で、時間があると全国を歩き回っていられるそうです。
長岡は、お城が残っておらず勿体ないと思う反面、地名から当時の名残がわかるので面白いとおっしゃっていました。

ちなみに、長岡は数年前に花火を見に来て以来とのこと。
今日は、遠路はるばるご友人に会いに来られたそうで、話しているうちに懐かしい気持ちになったそうです。

閑話休題。
13日はガイドボランティアも滞在しており、お話を交えながら数時間かけて館内を見ていかれました。充実した時間を過ごしていかれたようです。
この後、山本五十六記念館へも足を運んでみるとのことでしたが、いかがだったでしょうか。

ご来館、誠にありがとうございました。
またの来館を心よりお待ちしております。

遠方からのご来館ありがとうございました。

2019年7月26日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01

2019年度総会・講演会・懇親会およびギターコンサートのご報告

4月20日(土)、長岡市の会館青善にて友の会平成31年度総会・講演会・懇親会を開催しました。

 

総会では第1~3号議案が会員により承認されました。

その後の講演会では、山田方谷直系子孫の野島 透(のじま とおる)先生をお迎えし、演台『河井継之助で未来をひらこう~山田方谷と河井継之助の師弟愛』をご講演いただきました。

豊富なレジュメと、今回はスクリーンも使用してご講演いただけました。

西日本豪雨災害で岡山県が被災した際に長岡市が高梁市への支援を申し出たことに対するお礼から始まった今回の講演。

継之助の師である山田方谷の主な経歴や七大改革(政策)、理念などを詳しくお話していただけ、聴講者全員が聞き入っていたように思います。

また継之助が今わの際に発した方谷への伝言や戊辰戦争後に継之助の遺族に対して方谷が寄せた言葉に、方谷と継之助の深い師弟愛を再認識した方が多かったのではないでしょうか。

 

講演会終了後の懇親会にも野島先生をお迎えしました。

(写真:殿さまによる乾杯の音頭)

野島先生を囲み談笑される方や会員同士で盛り上がる方々など、楽しいひと時を過ごされていました。

 

今年度も河井継之助記念館友の会をよろしくお願いいたします。

 


 

また、5月11日(土)には『五月の風 新緑の薫りコンサート』と銘打ったギターコンサートを記念館展示室で開催しました。

ギターに畠山徳雄さん、ソプラノに加瀬典子さん、フルートに小林千佐子さんをお迎えした今回のコンサートは、「夏の思い出」など14曲をご演奏いただけました。

美しい音色と歌声にじっと聴き入る方が大勢いらっしゃったように思います。

最後には青い山脈をみんなで歌って終了しました。

畠山さん、加瀬さん、小林さん、ありがとうございました!

 

2019年6月17日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : kawai01