有料入館者113,000人達成!

ゴールデンウィークが始まり、街中が賑わっています。

さて、記念館では今月1日に有料入館者113,000人を達成しました!
113,000人目の来館者は埼玉からお越しの勝又様。

ブログ用

観光で長岡に来られたお二人は、旦那様が歴史好きで五十六記念館に行かれた後に当館に来館されました。
ガトリング砲に興味を持たれ、写真を撮ったり、ハンドルを「軽い」と軽快に回されていました。

笑顔が素敵なお二人、また長岡にお越しの際は是非お立ち寄りください!

平成29年度総会・講演会・懇親会のご報告

先月22日に友の会総会・講演会・懇親会を開催しました。

 

総会では参加者により第1~3号議案が承認されました。

 

講演会では2012年に『未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命』で司馬遼太郎賞を受賞した片山 杜秀さんをお迎えし、演題「河井継之助から日本の近代へ」をご講演いただきました。

ブログ用

ご自身が以前小千谷で飲まれたという「小千谷サイダー」のエピソードから始まり、陽明学と朱子学の違い、アジアと西欧における「龍」の捉え方の違いなど、様々なことをお話し下さいました。

参加された皆さんもメモを取りながら聞き入っており、書籍を引用しての陽明学に関するお話はとても考えさせられる内容でした。

 

その後の懇親会も片山さんをおむかえし、詩吟教室の方々の「長岡城の歌」に耳を傾けつつ、とても楽しい会となりました。

片山さん、本当にありがとうございました。

 

友の会の新たな一年が始まりました。

今後も河井継之助記念館ならびに友の会をよろしくお願いいたします。

越後長岡 歴史館・博物館めぐり【4/1~11/30】

陽射しも強まり、絶好のお出かけ日和となってきました。

皆さんゴールデンウィークはどこかへお出かけされますか?

 

さて、お知らせが遅くなってしまいましたが、今年も4月1日より『越後長岡 歴史館・博物館めぐり』が開催されています。

めぐり

当館も参加しているこのスタンプラリーは、スタンプを集めて有料施設の入館料割引や、協力店でのお買物・お食事の割引、美味しい特産品プレゼントなど、様々な特典があります。

(プレゼントの応募・交換はまちなか観光プラザにて行われています)

 

記念館は5月も休まず開館しています。

土日は当館ガイドボランティアさんが無料でガイドをしておりますので、皆さんぜひご来館ください!

 

平成29年度総会・講演会・懇親会を開催します【締切】

 

桜のつぼみも日に日に膨らんで春の訪れを感じます。

さて、記念館では今月22日(土)に総会・講演会・懇親会を開催します。

第1部

総会(午後2時~2時30分 受付開始:1時30分から)

第2部

講演会(午後2時45分~4時)

演題「河井継之助から日本の近代へ」

講師:慶応大学教授・片山杜秀(かたやま もりひで) 氏

第3部

懇親会(講演会終了後) ※会員限定・会費5000円

 

申込みは4月16日(日)までとなっております。来館・電話・FAXのいずれかでお申込みください。

詳しくはこちらをご覧ください。

開館10周年記念講演会

3月18日(土)、長岡グランドホテルにて河井継之助記念館開館10周年記念講演会が行われました。

今回の講師は気鋭の女流小説家として活躍されており、新潟日報で連載された小説「龍が哭く」の著者、秋山香乃さん。

秋山さん講演の様子

当日は天候にも恵まれ満員御礼の会場内、執筆秘話を交えての講演に聴講者の方々はメモを取りながら聴き入っていました。

講演を聴かれた方は是非記念館に感想などお寄せください!

 

有料入館者112,000人達成!

陽射しも良くなり、春の訪れをを感じます。

さて、記念館では今月13日に有料来館者112,000人目を達成しました!

1枚
112,000人目の来館者は埼玉県からお越しの吉岡重典さん。

お仕事で与板に来られ、新幹線の出発まで時間があったので山本五十六記念館と併せて見学に来られたそうです。
「新潟市はよく来ますが、長岡市は初めて」とのことです。

とても喜んでいただけました。

暖かくなるにつれて、来館される方が多くなり、職員一同とてもうれしく感じています。
皆さま、長岡にお立ち寄りの際は是非ご来館ください。

第10回 越後長岡ひなものがたり【2/16~3/8開催】

まだまだ寒い日が続いています。皆さん体調に気をつけてお過ごしくださいね。

さて、長岡市では昨年同様、市内46カ所が会場となる第10回越後長岡ひなものがたりが今月16日より開催されております。

当館では与板藩主より拝領したといわれているひな人形を展示しており、おひな様のみを観覧しに来られた方は入館無料となっております。

みなさま、是非ご来館ください!
DSCF2789

【募集終了】河井継之助記念館 開館10周年記念講演会について

平成29年3月18日(土)、河井継之助記念館開館10周年記念講演会を開催いたします。

今回は歴史小説家で各社新聞にて河井継之助が主人公の「龍が哭く」を連載されていた作家、秋山 香乃さんを講師にお迎えし、演題『河井継之助、深まる謎~「龍が哭く」執筆秘話~』をご講演いただきます。

講演会ポスター

↑ ポスター拡大

◆講 師 秋山 香乃(歴史小説家)

◎プロフィール

福岡県北九州市門司区生まれ。日本史に熱中し、高校入学の頃より小説を書きはじめる。活水女子短期大学で司馬遼太郎を研究。卒業後、歴史サークルを主宰。
2002年『歳三往きてまた』でデビュー。
気鋭の女流小説家として精力的に歴史・時代小説を発表している。
著書に『伊庭八郎 凍土に奔る』、『天狗照る』、『相場師・本間宗久』、『獅子の棲む国』、『密偵』など

◆演 題 『河井継之助、深まる謎~「龍が哭く」執筆秘話~』

◆日 時 平成29年3月18日(土)午後1時30分開場、午後2時開演(午後3時30分終了予定)

◆会 場 長岡グランドホテル 悠久の間(長岡市東坂之上町1丁目2−1)

◆定 員 300名(先着)

◆お申し込みについて

はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望人数(1枚につき4人まで)を記入してご応募ください。

宛先は『〒940-0062  長岡市大手通2-6 長岡市観光企画課』まで

応募締め切り:3月3日(金)必着

※抽選結果は3月8日(水)頃発送の整理券にてかえさせていただきます。

詳しい応募要項・はがきの記入例についてはこちらをご覧ください。

募集は終了しました。

◆注意事項

・お申し込みは先着順ではありませんので、順番は一切関係ございません。
・お電話等でのお申込み・当落結果のお問い合わせは、一切お受けできません。

 ◆お問い合わせ先

長岡市観光企画課

0258-39-2344

 

年末年始の休館日【12/28~1/4】

※河井継之助記念館 年末年始開館について※
12月27日(火)まで開館しています。
12月28日(水)~翌年1月4日(水)まで、休館とさせていただきます。
1月5日(木)より、通常通り開館します。

 

来年もよろしくお願いいたします。

継之助に関する番組のお知らせ

最近は暖かい日が多く、長岡はまだ雪が積もりません。

皆さん、寒暖の差で体調を崩さないように気をつけてくださいね。

 

さて、継之助に関する番組が放送されるとのことで、お知らせさせて頂きます。

林修の今でしょ!講座

日時:12月27日(火) 19時~

チャンネル:テレビ朝日系列

普段は講師として教える立場にある人気講師・林修先生が生徒となって、その道の専門家から講義を受けるテレビ朝日系列の人気番組「林修の今でしょ!講座」。

 
今回、「大河ドラマのモデルにしたい偉人」をテーマに、番組内で林先生が自身の冠番組の最終回で取り上げる程、大ファンである河井継之助を紹介します。

 

林修の「峠」王は君だ!

日時:12月30日(金) 15時47分~

チャンネル:UX新潟テレビ21

北越戊辰戦争ゆかりの地をバスで巡りながらクイズに答え勝ち抜いていく、第一回「峠」王選手権の模様が司馬遼太郎没後20年スペシャル番組として放送されます!

長岡城跡のアオーレ長岡から始まり、御山の郷土資料館で決戦を迎えた第一回「峠」王選手権。

初代「峠王」の称号を手にするのは果して誰か!?

当日に参加出来なかった方も、「峠」ファンの方も必見です!

詳しくはUXホームページをご覧ください!