八丁沖ウォーク

10月2日に、河井継之助が長岡城を奪還する際に渡河した『八丁沖ウォーク』を開催しました!
参加者は県内外の6歳~83歳の老若男女70名!
初めてのイベントでしたが、大勢の皆様にご参加いただきました。
しかも当日は奇跡的に(!)午前中は雨に当たることなく、歩き終えることができました♪

百束町公民館にてオープニングセレモニーの様子。
河井継之助記念館友の会下田会長が今回の八丁沖を開催するにあたっての思いを述べられています。

新組地区にお住まいの現地ガイド、安藤一彌さんより、八丁沖渡河にあたっての説明をしていただきました。
特に、地元に伝わる八丁沖渡河時の逸話には、皆さん目を輝かせて聞き入っていましたよ♪
IMG_46681-150x150

安藤さんのお話の後、長岡城を奪還すべく、意気揚々とスタート!!
皆さんの肩には長岡藩の藩印『五間梯子』を付けて、気分も長岡藩兵。

010-300x225

戊辰戦争時の八丁沖は南北5km、東西3kmに渡る湿地帯で『魔物が住んでいる』と言われるほど大きな沼でした。
現在は整備され、田んぼになっています。
そんな稲刈り終了後の八丁沖は、秋風に吹かれて歩きやすい日でした。

016-300x225

「この辺に、八丁沖の面影があるんですて」
と、歩きながら地元の人ならではのお話を聞かせていただきました。

IMG_4739-300x225

途中、橋にこんな素敵なオブジェがありました!
ここで記念撮影される方も多かったです♪

星さん-300x225

「皆の者~勝どきを挙げえい!!」
と、迫力のある勝どきを挙げてくださったのは、河井継之助記念館友の会理事、星さん。
星さん達もお忙しい中、八丁沖ウォークの為に応援に駆け付けてくださいました。

IMG_4755-300x225

いよいよ、八丁沖古戦場に上陸です!
星さんからの掛け声で、皆さん上陸地点を目指します。

集合写真-300x224

八丁沖古戦場、上陸~!!!

歩いた距離はおよそ4km。
総勢70名の長岡藩と會津藩が上陸しました!
(なんと、参加者の中には会津や東京の方も)

IMG_4759-300x225

最後に、左側に見えるのが八丁沖古戦場にあります、継之助が上陸の際に手を洗ったとされる手水鉢です。
継之助が長岡城を奪還する際、何を思い、感じながら八丁沖を渡河したのか・・・
実際に継之助が渡河した道を歩いてみて、様々なことを考えながらの八丁沖ウォークでした。
皆さん、本当にお疲れ様でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す