継之助通信

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

有料入館者112,000人達成!

陽射しも良くなり、春の訪れをを感じます。

さて、記念館では今月13日に有料来館者112,000人目を達成しました!

1枚
112,000人目の来館者は埼玉県からお越しの吉岡重典さん。

お仕事で与板に来られ、新幹線の出発まで時間があったので山本五十六記念館と併せて見学に来られたそうです。
「新潟市はよく来ますが、長岡市は初めて」とのことです。

とても喜んでいただけました。

暖かくなるにつれて、来館される方が多くなり、職員一同とてもうれしく感じています。
皆さま、長岡にお立ち寄りの際は是非ご来館ください。

【稲川通信30】 立志を誓う

何歳のころに、継之助が陽明学と出会ったかを知る術は、いまのところない。郷土史家の今泉鐸次郎らは、十七歳のころには陽明学を学んでいたとしている。

長岡の研究者剣持利夫氏は、継之助が幼いころ『王陽明先生出身靖乱録』を読んで感化をうけたとしている。己れの人生に王陽明を似せているところが面白い。

十七歳のときには陽明学を学んで、立志を誓明したという証拠は、二十九歳のときの自作の漢詩にある。

十七天に誓って補国に擬す、春秋二十九宿心(たお)る、千歳此の機得るべきこと(かた)し、世味知り来って長大息、英雄事を為す(あに)縁無からんや、出処唯(まさ)に自然に付すべし、(いにしえ)()り天人定数存す、好し酣睡を()って残年を送らん。

十七歳といえば元服の翌年である。そのまた前年十五歳のときには古義学を学び、崇徳館の質問生であったというから、元服を境に継之助の心境の変化があったにちがいない。

十七歳。天保十四年(一八四三)、この年、長岡藩は新潟上知という災難にみまわれる。水野忠邦(ただくに)の天保改革の一環として長岡藩のドル箱であった新潟湊が上知となった。港からあがる仲金(すあいきん)が二万両ともいわれた収入を一挙に失ってしまう。

少年・継之助にも、長岡藩の危機を悟ることができた。藩の柱石となることを、そこで誓い、鶏を割いて陽明を祭ったというのだろうか。

(稲川明雄)

150520

第10回 越後長岡ひなものがたり【2/16~3/8開催】

まだまだ寒い日が続いています。皆さん体調に気をつけてお過ごしくださいね。

さて、長岡市では昨年同様、市内46カ所が会場となる第10回越後長岡ひなものがたりが今月16日より開催されております。

当館では与板藩主より拝領したといわれているひな人形を展示しており、おひな様のみを観覧しに来られた方は入館無料となっております。

みなさま、是非ご来館ください!
DSCF2789

【稲川通信29】 師の高野松陰

「野菜を育てる気持ちで、人を教育せよ」と佐藤一斎(いっさい)が述べている。人の天性を伸ばすには、その特質を知り、おおらかに、しかもやさしく育てなければならないというのだ。

その佐藤一斎の門下には俊英が集まった。山田方谷(ほうこく)・佐久間象山(しょうざん)など幕末の思想家を多数輩出する。その佐藤一斎の塾頭をしていた長岡藩士がいる。高野松陰(しょういん)である。名を正則といい、通称は虎太。松陰は号である。長岡藩士の小畔家に生まれたが、十五歳のとき、同藩士の高野七右衛門家に養子に入る。

「書を読み、目を過ぐれば、すなわち誦を成す」

といわれたほどの神童であった。

天保二年(一八三一)、長岡藩は三人の公費遊学者を初めて旅立たせるが、そのとき、山田愛之助・木村鈍叟とともに高野松陰も選ばれている。松陰は佐藤一斎の門下に入り、高足となった。同輩に山田方谷・佐久間象山らがいる。一斎は朱子学のほか陽明学にも造詣深かった。昼は昌平坂学問所で朱子を教え、夜は家塾で陽明を説くといわれた人物である。

高野松陰は長岡城下に帰り、藩校崇徳館の都講となったが、継之助に陽明学を教えた人物といわれている。

継之助の人生が変わったのは高野松陰にあったとある。その際、山田方谷・佐久間象山の高名を聞いたと考えられる。一方、高野松陰から朱子学を教えられた人物が小林虎三郎である。

(稲川明雄)

DSCF2766

【募集終了】河井継之助記念館 開館10周年記念講演会について

平成29年3月18日(土)、河井継之助記念館開館10周年記念講演会を開催いたします。

今回は歴史小説家で各社新聞にて河井継之助が主人公の「龍が哭く」を連載されていた作家、秋山 香乃さんを講師にお迎えし、演題『河井継之助、深まる謎~「龍が哭く」執筆秘話~』をご講演いただきます。

講演会ポスター

↑ ポスター拡大

◆講 師 秋山 香乃(歴史小説家)

◎プロフィール

福岡県北九州市門司区生まれ。日本史に熱中し、高校入学の頃より小説を書きはじめる。活水女子短期大学で司馬遼太郎を研究。卒業後、歴史サークルを主宰。
2002年『歳三往きてまた』でデビュー。
気鋭の女流小説家として精力的に歴史・時代小説を発表している。
著書に『伊庭八郎 凍土に奔る』、『天狗照る』、『相場師・本間宗久』、『獅子の棲む国』、『密偵』など

◆演 題 『河井継之助、深まる謎~「龍が哭く」執筆秘話~』

◆日 時 平成29年3月18日(土)午後1時30分開場、午後2時開演(午後3時30分終了予定)

◆会 場 長岡グランドホテル 悠久の間(長岡市東坂之上町1丁目2−1)

◆定 員 300名(先着)

◆お申し込みについて

はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望人数(1枚につき4人まで)を記入してご応募ください。

宛先は『〒940-0062  長岡市大手通2-6 長岡市観光企画課』まで

応募締め切り:3月3日(金)必着

※抽選結果は3月8日(水)頃発送の整理券にてかえさせていただきます。

詳しい応募要項・はがきの記入例についてはこちらをご覧ください。

募集は終了しました。

◆注意事項

・お申し込みは先着順ではありませんので、順番は一切関係ございません。
・お電話等でのお申込み・当落結果のお問い合わせは、一切お受けできません。

 ◆お問い合わせ先

長岡市観光企画課

0258-39-2344